2011年04月12日

チーク材のキャビネット

teak2.jpg



世界三大銘木のひとつ、

チーク材でつくる1.5メートル幅のキャビネットを工房で製作中。

古き良き時代のヴィンテージ家具によく使われていたチーク材。

現在ではその流通量はごく限られていて更にその希少性は高い。

50年後,100年後にヴィンテージと呼ばれるような、

『今』の生活を豊かにするための道具。

モノ作りは常に現在進行形であるべきだと思う。

いつも心を込めた仕事をしよう。

posted by 店主 at 00:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | Work
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/44252578
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
QLOOKアクセス解析