2010年10月04日

10/2-3 in Fukuyama.

先日福山市で開かれた備後デザインサロンに出席しました。
福山市を中心とした備後地域のモノ作りメーカーとデザイナーたちとのマッチングを毎回ゲストの方を迎えた勉強会&懇親会という場で促進していこうとする全五回のイベントです。家具好きたちの合コンですね。。
第一回目の講師、小泉誠さんもセミナーの中で、
メーカーとデザイナーが仕事を進めていく作業は
男女の恋愛に良く似ている、、と言われてましたし。
生み出されるモノたち(子供)をメーカーとデザイナー(両親)が
長いスパンでどう育てていくのか。
出会うきっかけがあり、相手がどんな考えで何を望んでいるのかを
お互いがきっちりと掴んで、これから永いお付き合いを共にするケジメ。
やはり本音のコミュニケーションができるかどうか。
『自分はこんなニンゲンですよ。』
を明確に打ち出せるかどうかが良いモノ作り・ヒト作りの第一歩だなと感じた。
その後の懇親会では小泉誠さんとも直接お話しして僕の作る家具写真を見ながら
意見を戴く事もできたし、勉強会→懇親会とほぼ全員参加に近い人数の異業種の
方々と知り合えたのも嬉しい出来事でした。
メーカーさん然り、デザイナーさん然り、
みなさんの『作りたい』という情熱をヒシヒシ感じました。
広島・福山、今モノ作りが熱いエリアです。。

深夜まで飲み続けましたので
結局そのまま福山泊。
ちょうど家具の改造のお仕事で用件があったため
翌朝LAMP SHOPさんへ。
lampshop.jpgPh-50.jpg
Louis Poulsen/PH50

家具の改造のお仕事とは、
Lamp Shopさんで扱っている商品に
バリ島のチーク材でできた家具や建具があり、今回はその中から
チーク材の透かし彫りの欄間をガラス天板のテーブルに改造して
Lamp Shopさんオリジナルアイテムを作るというお仕事でした。
そのままでは欄間部分に物が置けませんのでその上にガラス天板を
落とし込む方法でテーブルとして使用します。

ranmatable-sagyou.jpg
欄間部を一度手ノコで切り離し、
強化ガラスを乗せるための木枠分小さくカットした後
染色塗装した枠を欄間に取り付け
最後にチークの外枠と合体。

RIMG1736fr.jpg
光と影。
灯りを扱うお店らしいテーブルになりました。
脚はアイアン製。

RIMG1731up.jpg
チーク材の生命力とバリの職人による手仕事による透かし彫り。
圧巻です。

RIMG1732naname.jpg

LampShop
Tel&Fax: 084-922-6363
open 11:00 / close 20:00 (日曜日のみ19:00まで)
定休日 火曜日 駐車場あり

*お店にテーブルを設置し、
さあ帰ろうとショップ駐車場に止めてある車をみると
『フッ』
となんとなく車内に獣のシッポが見えたような気が、、、!

恐る恐る近づき車内を覗くと。。

neko1.jpg
おまえドコから入って来たんよ??
neko2hukidasi- 達川 2.jpg
お店の人に聞けば彼は
お店の駐車場で生まれ小さい時から
可愛がられてるココの住人でした。
よそ者は僕の方だったようでして。。


posted by 店主 at 09:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | LIFE
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/41093898
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック