2010年05月19日

walk the line...

walk the line.jpg
photo by D’s project

職業柄、線<line>を扱う事は多い。
アイデアを鉛筆やペンでスケッチしたり
CADでマウスを使って線を引いたり

しかし
自然界に存在するのは線ではなく
「点」であって
線は点の連続。
「物体に輪郭線は存在しない。線に見える部分は新たな物体の始まりだ。」
とは天才レオナルド・ダヴィンチの言葉。
最近の研究では氏の代表作である
『モナ・リザ』のスフマートと呼ばれる技法による
リアルな色彩の移り変わりも100分の数ミリと言われるほど
小さな点の集合による、気が遠くなるような数の点描技法によって
描かれたのではないか?と言われているようです。

大事なのは線を引っ張る事ではなくて
線を繋ぐ点と点を打つ作業なのか。。。

近目で点を打ち続ける忍耐力と
遠目で全体を見渡せるバランス感覚。

遠くで、
近くで、
「点」を意識する。

こんなことがありました。
先日の倉敷でのイベントで初めて知り合ったと思っていた
毛織物作家のてくてく堂のフジワラミドリさん。
実は2年前に福岡のとあるお店でお会いしていた事が判明(!)
お店での滞在時間は確か、ものの10分ほどで
直接お話はしていなかったにもかかわらず
憶えてて下さった事にありがたい気持ちになりました。。
2年後に遠く倉敷でお会い出来るとは。。
あの時の点が繋がった感覚でした。
posted by 店主 at 22:11 | Comment(2) | TrackBack(0) | LIFE
この記事へのコメント
まさかの写真採用。恐縮です!
Posted by D’s project at 2010年05月21日 15:14
こちらこそ!またみんなで尾道ラーメン食べにいきましょうね。。
Posted by 店主 at 2010年05月23日 03:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/38310826
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック