2010年02月17日

2.13-2.16

yktチェスト.jpg

4日間の日程で福岡へ納品と打ち合わせを兼ねて
行ってきました。

約一年ぶりの古巣、福岡への旅でしたが
もっとたくさんの方にお会いしてご挨拶するべきところを
時間の都合が付かなくてご連絡差し上げられず申し訳ない気持ちです。

今回納品させて頂いたのは引き出しが5つ付いたチェストでした。
主に普段使いの洋服をしまうためのものです。
ほぼお任せに近いかたちでお仕事をさせていただきましたが、
打ち合わせから納品まで約半年近くもお待ち頂いただけに
とても喜んで下さいました。。
飴色に変わるメープル材、
お楽しみはこれからですよ。。
詳しくはordermadeにて後日アップいたします。

納品はやっぱり、
直接お客様とやりとりするオーダー家具屋にとって
初めて家具をお披露目する緊張の一瞬であるのと同時に
至福の瞬間でもあります。

今回の旅は納品の目的の他に
僕にとってとても大事な目的がありました。

夫婦ともにお仕事でお世話になっている方のお導きで
以前から一度お会いしてみたいと心に秘めていた
世界的にも著名な家具コレクターでありインテリアデザイナーの方と
お会いして、
お話をさせて頂けるというのです(!!)
念ずれば思いは届くのでしょうか?
この機会を逃す手はない。。
恐れ多くも自分の作品集など持参いたしまして。。
あまりにも自分とは次元が違い過ぎ、しかし世界の一流を存じておられる方からの
目線から今の自分を見て頂き、
どんなことでも、
とにかく何でも,
吸収したい一心でした。

訪問.JPG

壁一面天上まで海外のインテリアの本や資料がうず高く積まれた
その方の事務所でお会いしました。
室内にはあたり一面、ところ狭しと世界中の名品がひしめき合っていました。
マニアが見たら失神すること必至の品々。。
床に無造作に積み重ねられたFinn Juhlの特大サイズのTeak Bowlや
特別に作られたWegnerのPP701のブラジリアンローズの笠木etc,,,
次から次に出るは出るはの書籍やアイテムのお宝の数々。。
僕の勉強不足のおかげでなんとか失神せずに(苦笑)お話ができました。
最初に簡単に自己紹介をしたあと、自分の作品を見て頂きました。
細かい部分でのデザインの処理の仕方、
素材の組み合わせかた、
家具の写真での見せかた、空間との関係、
これからの方向性についてのアドバイス。
デザインから読み解かれる
迷いや甘さ。
正直、
これだけ的確なコトバと知識を頂いた人は初めての体験でした。
おそらく嘘も迷いも、頭の中もすべてがお見通しなのだと。。
そんな印象でした。

これぞプロフェッショナルなのだ、と。


ヴァンシャー.JPG

Ole Wanscherデザインのarm chair。
写真ではサイズ感が伝わらないと思いますが、
なんと子供用!しかも世界にたった2脚のうちの1脚!

頂いた本.JPG

勉強のためにと貴重な50年前のデンマークの書籍を譲って頂きました。
感無量です。






 
posted by 店主 at 18:39 | Comment(2) | TrackBack(0) | Work
この記事へのコメント
なんかすごい人に会ってきたみたいですなぁ。

そんな時に我がしょぼい事務所に寄ってくれて
大変恐縮です。
今度はこっちが伺いますぜぃ!!
Posted by D's Project at 2010年02月20日 19:05
お忙しい時に突然お邪魔してスミマセンでした!
次回はもっとゆっくりとお会いたいものデス。。
Posted by 店主 at 2010年02月21日 03:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/35374844
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
QLOOKアクセス解析